生活用品・グッズ

お風呂掃除のコツをおさえて毎日ピカピカなお風呂に!

「お風呂掃除をしても中々汚れがとれない」「掃除をしてもすぐにまた汚れる」など、お風呂掃除に関する悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。

お風呂は浴槽・天井・壁・蛇口・鏡…と掃除する箇所も多く、形も入り組んでいて、普通の部屋の掃除とは要領がちがいますよね。掃除をするにあたり、どちらかというと「面倒」な場所です。

しかし、お風呂は一日の疲れを癒す大切な場所です。だからこそ、お風呂をピカピカにしておきたいですよね。お風呂掃除のコツとはどんなことなのか知っておきましょう。

お風呂掃除のコツは汚れの「種類」を知ること?!

一概にお風呂の汚れと言っても、その汚れには種類があることをご存知でしょうか。お風呂掃除のコツは、汚れの種類を知ることが重要なります。なぜならお風呂掃除のコツは「その汚れに合った洗剤」を使うことだからです。汚れに合った洗剤を使わないと、いくら掃除をしても汚れが落ちないのです。

お風呂の汚れは大きく分けて3種類あります。まずはそれぞれの汚れの特徴を見てみましょう。

①ピンクぬめりやカビ

ピンクぬめりは「ロドトルラ」とよばれる酵母の一種、カビは「クロカワカビ」と呼ばれる黒カビの一種です。両者とも高温多湿の場所で発生し根を生やし、やがて胞子を放出し繁殖を広げます。お風呂場に残った、皮脂や石鹸カスを栄養とします。

②皮脂汚れ

私たちが体を洗ったり、頭を洗ったりした時にでる汚れです。シャワーなどで飛び散り、壁や浴槽に付着します。私たちが湯船に浸かったとき、浴槽の内側が「ヌルッ」と感じた経験はありませんか?そのヌルッとした柔らかい汚れが皮脂汚れです。

③水垢

鏡や壁などに見られるウロコ状の汚れです。水垢の主成分は水道水に含まれる「カルシウム」や「マグネシウム」です。入浴時に飛び散った水滴をそのままにしておくと、水分は蒸発しますがそれらの成分は結晶化して残ります。それが水垢になります。

汚れに合わせた洗剤の選び方と掃除の方法

それでは先程あげた3つの汚れの掃除方法をみてみましょう。「狭いお風呂場で掃除方法をかえるなんて面倒…」とお思いになる方もいらっしゃるかもしれませんが、難しくはありません。市販の洗剤で簡単にできるんです。

①ピンクぬめりやカビの掃除方法

これらの汚れは根を張っている場合が多いです。「カビは根こそぎおとす」という売り文句をよく耳にしますね。この手の汚れには「塩素系のカビ取り剤」が一番手っ取り早く、確実にキレイに落とせます。スプレータイプのものが一般的ですが、キレイに汚れを落とすコツは、スプレーをしたあとラップをして液を密着させることです。これをやることで根まで液が浸透し、大体のピンクぬめりやカビが落とせます。

②皮脂汚れの掃除方法

皮脂汚れは酸性の汚れです。よって使用する洗剤は弱アルカリ性の「重曹」が効果を発揮します。掃除方法は濡らしたスポンジに重曹をふりかけ、汚れている面に円を描くようにこすります。ひどい汚れでなければ、優しくこするだけで汚れが浮いてきます。しかしこれで落ちない場合は、「重曹ペースト」がおすすめです。重曹ペーストとは小皿に重曹と水を3:1で混ぜペースト状にしたものです。これを皮脂汚れがひどい部分に塗り30分程放置後シャワーで流すとキレイに落ちます。

③水垢の掃除方法

皮脂汚れと違って水垢はアルカリ性の汚れです。よって今度は酸性の洗剤を使い中和させて汚れを落とします。一番手軽に手に入るのは「クエン酸」です。クエン酸を水垢にスプレーしスポンジでこすります。

汚れがひどい場合は、カビの時と同様、スプレー後にラップをして液を浸透させると汚れが落ちやすくなります。

お風呂掃除を楽にするために普段からやること

お風呂は毎日使う場所だから、掃除も毎日やらなきゃならないの?と思っている方も多いと思います。確かに毎日やれば常にピカピカですが、大変ですよね。

そこで、毎日の入浴後の習慣、お風呂場の環境を変えることで、毎日お風呂掃除をやらなくても、ある程度キレイに保てる方法がありますのでご紹介します。

  1. お風呂はなるべく換気をしましょう。入浴後はもちろんのこと、可能ならば24時間換気扇をつけっぱなしにするか、こまめに窓を開け、風通しを良くしましょう。
  2. 入浴後は熱めのシャワーを壁や浴槽にかけ、石鹸汚れ・皮脂汚れを落としましょう。その後冷たいシャワーに切り替え、同じように壁や浴槽に冷水をかけます。高温多湿の浴室を、冷ますためです。
  3. シャンプーなどの小物の置き方を工夫しましょう。床に直置きはヌメリの原因になります。小物は吊るすのがおすすめです。
  4. 入浴後、壁や鏡についた水滴は、水切りワイパーなどで落としましょう。もし水切りワイパーがなければタオル拭きでも十分です。水垢の防止になります。

汚れが溜まってからだと、どんなにお風呂掃除のコツをおさえていても掃除が大変になりますよね。普段の生活のなかでコツコツやってみましょう。

まとめ