ドラマ

半沢直樹2 紅茶は誰にあげた?女将?意味や今後の伏線が気になる!

『半沢直樹』第3話で『紅茶』が登場しました。
この紅茶の登場で一番嫉妬したのは半沢直樹の妻(花ちゃん)。
花:こんな女子ウケしそうなお茶っ葉、今まで私にくれたことなんかなかったのに急にねぇ、あーイヤラシイヽ(`Д´)ノプンプン
2箱あるはずの1箱は、一体誰にプレゼントされたのか?
また、今後の伏線にもなっていそうな紅茶についてまとめてみました。

半沢直樹2 紅茶は誰にあげた?女将?

第3話:紅茶は誰の手に


半沢達は第3話で、電脳雑技集団によるスパイラル買収を阻止するために、フォックスの逆買収を計画します。
半沢はあるすじからフォックスに経営状況報告書を入手し、株価を暴落させる作戦にでます。(マスコミを使って巨額損失情報をリーク)
この前後で半沢と渡真利が小料理屋で食事するシーンがありました。
その時の女将との会話がこちら↓
女将:半沢さん先日のあれ、ありがとうございました。
半沢:いやあ、どうでした?
女将:最高です!
半沢:そうですか、今度はまた別のものをお送りします。
女将;まあ!
渡真利:ちょっと、、あれって何の話?
半沢:まあちょっとな、いつも世話になっているお礼だよ
渡真利:で、俺の分は?
・・といった小料理屋でのやりとりがあり、その直後、半沢が自宅に帰ると花の執拗な質問攻めにあいます。

花
ねえ、なにこの紅茶!領収書には2箱送ったって書いてあるわよ!うちには一箱しかとどいてないのに、もう一箱はどこのどなたに送ったのかしらヽ(`Д´)ノこんな女子ウケしそうなお茶っ葉、今まで私にくれたことなんかなかったのに急にねぇ、あーイヤラシイヽ(`Д´)ノプンプン

先に女将とのやりとりがあったので、気が付きにくい展開でしたが、紅茶は小料理屋の女将の手に渡っていたようです・・。

第4話:紅茶が大活躍?


第4話ではスパイラル買収に向けた電脳への追加融資500億がほぼ決まり、半沢直樹は崖っぷちに立たされていました。
500億の追加融資が決定する役員会当日の朝。
半沢家の朝食に出されていのは紅茶・・。

半沢
半沢
やれることは全部やった。花ちゃんが入れてくれた紅茶のおかげで気持ちも和らいだ
花
直樹が頑張ってたのは分かってる、どんな辞令が出ようと堂々と帰ってきて

半沢は大和田と一時的に手を組み、役員会で発表する権限が与えられていました。
勝っても負けても出向が予測されていましたが、花はこの大切な日の朝に、女将にも送った紅茶を出していたんですね。
文句を言いまくっていた花ですが、この日の朝に出すなんて心憎い演出です。
夫への信頼、応援する気持、やさしさ等が感じられるシーンでした。

半沢直樹2 紅茶の意味や今後の伏線が気になる!

紅茶の意味は?

半沢はなぜ、紅茶を購入したのでしょう?
半沢家に送られてきた紅茶のダンボールにはコペルニクス(通販サイト)の文字がありました。
半沢は急成長中のフォックスの子会社『コペルニクス』に目を付けていたようで、実際にサービスを利用することで、新たな価値(提携のアイデア)を見いだせないかと考え購入したのではないでしょうか。
又、スパイラルの通販サイトを使って購入した可能性も高そうですね。
 
https://www.utaburo.com//?p=11262

今後の伏線が気になる


女将に渡った紅茶は何かの伏線なのか?
半沢が女将に紅茶をプレゼントしたのは、『いつも世話になっているお礼』だったのでしょうか。
女将(智美)は、原作には出てこない人物ですが、視聴者の間でもとにかく『怪しい!』との評判です。
小料理屋で時折見せる意味深な表情は何かあると感じさせますよね。
ドラマ前半の完結では、特に目立った動きはありませんでしたが、後半ではきっと何か秘密がありそうです。
紀本常務と女将(智美)の関係も怪しい雰囲気がありますし、渡した紅茶も何かの伏線になっているかも知れません。
 
https://www.utaburo.com//?p=11107

紅茶は誰にあげた?何かの伏線?(ネットの反応)

第3話、第4話で登場した紅茶について、ネットでも様々な意見が寄せられていました。
その一部を紹介します。

  • 紅茶は誰にあげたの?
  • 今後の伏線になるのか気になる・・
  • どこに繋がるのか楽しみ

等々・・
ただでは終わらなそうなこの紅茶・・
今後も楽しみです。

『まとめ』半沢直樹2 紅茶は誰にあげた?女将?意味や今後の伏線が気になる!

花が嫉妬したもう一つの紅茶は、小料理屋の女将(智美)に渡っているはずです。
女子ウケしそうなお茶っ葉は、ただのお茶っ葉なのか?又はどこかに繋がっているのか?
怪しい女将(智美)は後半にも登場し増々面白くなりそうです。
 
最後まで読んで頂きありがとうございました。
 
https://www.utaburo.com//?p=10971