スポーツ

甘い物が欲しいあなたに! おやつ代わりにぴったりプロテイン3選

protein_image

ダイエット中も甘いものを食べたい・・・

健康や美容のために、日々の食事に気を使っている方は多いと思います。

私もその中の一人です。普段の食事量は腹八分を心がけ、

遅い時間に食べる事はできるだけ避ける。

食事内容もヘルシーで野菜を多くとるように心掛けている。

などなど・・・。

でも、でもでも、仕事がハードだった日や、

疲れを感じている時、甘い物がほしくなりませんか?

そんな時、我慢できずチョコレートなどを食べて

意志の弱さに落ち込んだり、

「今日はチートデイだ!」と開き直ってさらに食べまくる、

なんてことはないでしょうか。

今回は、そんな『甘いものを食べたくて辛い時』に、

おすすめのプロテイン製品をランキング形式で3つご紹介します。

選定の基準は、私が実際に食べた事がある製品の中から、

「コンビニで入手しやすく、手軽に食べられ、かつおいしい」を基準に選びました。

ですので、シェイカーを使用するプロテインパウダーは除外しています。

甘いものを食べてストレス発散どころか、

罪悪感を感じてしまっている方は、

ぜひご覧頂いて、お菓子の代用にしてみてください!

3位『1本満足バー プロテイン・ラン ベイクドバナナ』

Banana_Image

食べやすいスティック状の

がランクインです。

歯触りが優しく、プロテインバーの中では食べやすい固さです。

濃厚なバナナの香りとしっかりした甘さを感じる事が出来、

疲れて甘味が欲しい時にはぴったりです。

この他にベイクドチーズ、ベイクドチョコ味があります。

実はベイクドチョコもかなりおいしく、チョコレート好きな方へお勧めしたいのですが、最近コンビニで全く見かけないためランク外としました。「あまりにおいしくて売れすぎてる」のかもしれません(笑)

気になるプロテイン含有量ですが、10gです。

その他ビタミンB群7種、必須アミノ酸9種に加え、ランニングをする方に嬉しいミネラル4種を摂取できます。様々な栄養をおいしく摂取できます!

おやつとして優秀な一品ですが、

短所をあげるとすれば脂質が16g含まれる

ことでしょうか。

しかしおやつとして15時前後に食べる分には、個人的にはOKだと考えています。

『1本満足バー プロテイン・ラン ベイクドバナナ』

ちなみに、プロテインバーは満腹感を得られるよう、固く歯ごたえのあるものが多いのですが、「ベイクドバナナ」のように製品名に「ベイク」と付いたものはクッキーのようなサクッとした食感で、比較的柔らかい為、固い物が苦手な方におすすめです。

2位『ザバス MILK PROTEIN 脂肪0』

Savas_Image

2位はドリンクタイプです。

こちらは常温保存が可能なブリックタイプです。

保存しやすいのでまとめ買いもできて嬉しいですね。

「ザバス MILK PROTEIN 脂肪0」は、製品名にもある通り、

脂肪が「0」なんです!!!!!!!

安心感が半端ないです!

公式サイトはこちら→『ザバス MILK PROTEIN 脂肪0』

1本200mlとちょうどよい量で、

デスクワーク中に、移動途中に片手で飲むことが出来、

プロテインは15g摂取できます。
フレーバーの種類は
  • ココア
  • バニラ
  • バナナ
  • ミルク

と豊富で、

その日の気分で選べるのが嬉しいポイントです。

味はどれもおいしく、粉っぽさや後味が口内に残って気になる、という事もありません。

常温保存可能ですので、オフィスに1-2本ストックしておくのもアリですね。

私は就寝中に消費したたんぱく質を補う意味で朝食代わりに1本、ジムでの運動後も同様に1本飲んでいます。朝起きたばかりの時は何も食べたくない日が多いですが、ドリンクタイプなので飲みやすく、おやつ以外の時間帯にも愛飲しています。

短所は思いつかないのですが、しいて上げるならばミルク味は甘くないのでおやつには向かない、という事でしょうか。(当たり前か)

また、「ザバス MILK PROTEIN 脂肪0」はミルクプロテイン製品ですが、姉妹品として大豆プロテインも含まれた「ザバス for Woman MILK PROTEIN脂肪0+SOY」があります。 女性のために開発された製品で、女性に嬉しい栄養素が複数含まれています。

公式サイトこちらへ→『ザバス for Woman MILK PROTEIN脂肪0+SOY』

ちなみに私には「ザバス for Woman MILK PROTEIN脂肪0+SOY」は、好みに合いませんでした。少しだけですが大豆の香りが鼻につく感じがしたのと、プロテインが12.5gと、「ザバス MILK PROTEIN 脂肪0」より少ない事が理由です。

しかし、葉酸や鉄分、大豆プロテインも入っているので、ミルクプロテイン以外の栄養素も同時に摂りたい方にはその時に応じて飲み分けができますね。

1位『1本満足バー プロテインチョコ』

堂々の1位は再び、

スティックタイプの「1本満足バー プロテインチョコ」です。

長所はたくさんあるのですが、一番の良い所は「おいしい」です。これ大事ですよね。

「チョコレートが好き」という方にはぜひ試してほしいおいしさと、チョコレートの味をしっかり感じることが出来、甘いもの欲求を難なく満たしてくれます。

また、歯ごたえのある固さで、1本で十分に満腹感を得られ、大豆パフと少量のレーズンが口中で噛み締めるたびに幸せを与えてくれます。チョコレートが好きで、我慢するのに苦労している方はぜひ一度試してみてください。まさに、「一本満足バー」です!

そして、

プロテイン含有量は15gです。

個人的に1製品でプロテイン15g摂取出来たらOKという基準があるのですが()その基準を満たしています。おいしくても、プロテイン量が少なかったら、なんだかがっかりしますよね。こちらは、そんな心配がありません。脂質は8.5gですが、日中の活動時間帯に摂取するなら許容範囲です。

ただのチョコレート菓子を食べている感覚で、プロテインを摂取できるという最高の製品です。

公式サイトはこちらへ→『1本満足バー プロテインチョコ』

最後に

いかがでしたでしょうか。今回は「コンビニで入手しやすく、手軽に食べられ、かつおいしい」製品をチョイスしました。わざわざ自分でシェイカーを振って作る手間がない分、日常生活に気軽に取り入れることが出来ます。

おやつ代わりに代用する事でダイエットのストレス軽減や、過剰なカロリーを防止するのに一役買ってくれます。

食べ過ぎはもちろん注意が必要ですが、3つの製品はいずれもコンビニやスーパーで購入できますし、amazonでも販売されているので、気に入った味を見つけておやつの代用にしましょう!

ちなみに、イオン系スーパーや、マツモトキヨシのようなドラッグストアでは、PB(プライベートブランド)商品としてリーズナブルな価格でプロテイン製品を販売しており、低価格なのにプロテイン20g含有という魅力的な製品もあるので、またいつかご紹介したいと思っています。

おやつを我慢せず、健康づくりやダイエットを継続していきましょう!継続は力なり~♪

関連記事:今、身近になってるプロテイン!もうアスリートのためだけでは無いんです。調べた結果がこちら!!

黒猫ニュースライブ:スポーツはこちらへ