エンタメ&ニュース

青汁って本当に効果あるの?そのメリットやおすすめの青汁をご紹介

レモンと青汁
青汁が入ったコップを片手に眺める女性の画像

日本では数十年前から健康維持の手段の一つとして定着している「青汁」ですが、「興味はあるけど本当に効果があるの?」と懐疑的な考えを持っている人も多いのではないでしょうか?

近年では、ネットやドラッグストアなどでかなり多くの種類が販売されていますが、具体的に「どんな栄養素が含まれていて、どんな人におすすめなのか」がよくわからなかったりしますよね。

この記事では、そんな「青汁のメリット」や「おすすめの青汁」について解説していきたいと思います。

青汁に含まれる栄養素

青汁というと、様々な野菜が含まれていて味的にはかなり「不味い」イメージがありますが、近年ではかなり飲みやすく改良されていたりします。

青汁に含まれる主な野菜は、「ケール」や「大麦若葉」「明日葉」「桑の葉」などです。

主な栄養素としては、以下のようなものが含まれています。

βカロテン

βカロテンは、強力な抗酸化作用を持つ栄養素で、体内での必要量に合わせてビタミンAに変換されます。

免疫機能を維持するためには重要な栄養素です。

食物繊維

食物繊維を摂取することで、整腸効果や血糖値上昇を抑えてくれたり、コレステロール濃度の低下といった効果を得ることができます。

ビタミンC、ビタミンE

美容や健康に欠かせないビタミンを摂取することができます。

ミネラル

カルシウムやマグネシウム、カリウムといった体の中では作ることができない栄養素を摂取することができます。

青汁を習慣化するメリット

青汁を毎日飲み続ける習慣を身に付けると、様々なメリットを得ることができます。

手軽に栄養を補える

前述した通り、青汁には様々な栄養素が含まれています。

一人暮らしの人はどうしても栄養不足になったり栄養が偏りがちなので、青汁を飲むことで栄養不足を補うことできるのです。

様々な楽しみ方ができるので継続しやすい

青汁というと、見るからに苦そうな見た目で飲みやすくなったとはいえ味もジュースのような美味しさというわけではないので継続しにくいというデメリットがあります。

しかし、青汁はリンゴジュースやオレンジジュースで割ったり、牛乳で割るといった方法もありますし、バナナシェイクにするといった方法もあるので飽きずに美味しく継続していくことが可能なのです。

おすすめの青汁

ネットなどで調べてみると、青汁に関する様々な口コミをチェックすることができます。

その中で特に評価が高い青汁が、「青汁のめぐり」と「大麦若葉粉末100%」です。

青汁のめぐり

青汁のめぐりは、ヤクルトヘルスフーズが発売している青汁で、クセがなく飲みやすい味わいが特徴です。

7.5gが30袋入っており、販売価格は税込み2,200円と一日当たり73円とかなりリーズナブルな価格となっています。

口コミでは、「水溶けも非常に良い」「苦過ぎなくて良い」といった意見が多いので、誰でも安心して飲むことができる商品と言えるでしょう。

大麦若葉粉末100%

大麦若葉粉末100%は、山本漢方製薬が発売している青汁で、クセのない抹茶のような味わいが特徴です。

大自然で育てた大右若葉を使用しているので、天然の栄養素をふんだんに摂取することができます。

「無添加」というのも大きな魅力の一つと言えるかもしれません。

これだけ高品質であるにもかかわらず、一杯あたりに価格が70円とかなりリーズナブルなのも大きな魅力と言えるでしょう。

まとめ

レモンと青汁

今回は、「青汁のメリット」や「おすすめの青汁」について解説してきました。

・βカロテンや食物繊維、ビタミンC、E、ミネラルなど豊富な栄養素を摂取できる

・手軽に栄養を補える

・様々な楽しみ方ができるので継続しやすい

青汁には、このようなようなメリットがあります。

青汁のめぐり」や「大麦若葉粉末100%」といった高品質で飲みやすく価格もリーズナブルな商品を購入し継続することで、健康な身体を目指してみてはいかがでしょうか?

 

黒猫ニュースライブ:

生活用品・グッズはこちらへ

エンタメ&ニュースはこちらへ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.